TZR250(2XT) エンジンオーバーホール(その2)

TZR250(2XT) エンジンオーバーホール(その1)からの続き

★クラッチ取り外し★

お約束ですが、このブログを参考に作業された場合において、いかなる場合でも責任は持てませんので、あくまで自己責任で作業を行って下さい。




こちらはクラッチ側です。本来はエンジン降ろす前にミッションオイル抜いておくべきです。抜かずにこのカバーを開けると大惨事になります。。。と言うか、なりました。




はじめに、ウォーターポンプのカバーを外します。




これがウォーターポンプです。ガスケットが挟まってますので、ここをあけるときは新品を準備する必要があります。




クラッチカバーを外すと、こうなっています。真ん中のヤツがクラッチです。左のシャフトはキックで右のギヤはクランクからの出力をクラッチに伝えています。




クラッチに4本ついているボルトを外すと、プレートが出てきます。これがクラッチの本体です。右のドライブギヤは、ウェスをギヤに挟んで回り止めをして外します。




クラッチプレートとプレッシャープレートを摘出しました。厚みはマニュアルの規定範囲に収まって居ましたが、今回は全部新品に交換します。




外したクラッチカバーの裏側です。オイルポンプのギヤとかドライサンプのオイルパイプがついています。




さて、クラッチハウジングを外しましょう。特殊工具で回り止めをしつつ、スピンナハンドルを使用してでナットをゆるめます。




ナットがはずれました。結構堅く締まってます。ここも、エンジン降ろす前の方が楽に作業出来るかもしれません。




クラッチボスを外すと、こうなってます。




プライマリドリブンギヤも外しました。外したナットは、どこのヤツだかわからなくならないように、元の場所に借り止めしておきます。この画像では、キックシャフトも外してあります。ついでに、順番が前後してますがシリンダとピストンも外れてますね。



TZR250(2XT) エンジンオーバーホール(その3)に続く

nekopunch について

東京在住。クルマとバイクをこよなく愛するIT社畜です。
カテゴリー: バイク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。