【DAP】買いましたので開封の儀【KANN】

 今までスマホに音源を入れてイヤホンで聴いていたのですが、「あること」のための一環としてDAPを購入しました。Astell&Kern の KANNという機種です。「DAP」とはデジタルオーディオプレイヤーのことです。簡単に言うとソニーのウォークマンが有名ですね。こちらなんと韓国製です。最近なんとなく韓国には良いイメージがないのですが、モノは良いらしいので思い切って購入しました。嫌韓派のみなさまゴメンなさい。


 アキバのヨドバシまでクルマを走らせ、店員を捕まえて試聴したい旨を伝えて試聴したところ、一聴しただけでスマホとの音の違いがわかりびっくりしました。スマホで聴いていた時もデジタルUSB出力でポタアンを通して聴いていたのですがお話にならない位KANNの音が良かったのです。

もっと高音質と思しき上級モデルも存在してはいますが、「あること」のためにはこの「KANN」でなければならなかったのです。と言うことで、開封の儀を執り行います。

買ってきてすぐの状態。ビニールに包まれています。

箱の裏面には何やらたくさん書いてありますが老眼なので読めませんw

ビニールをひん剥いたところを一枚。ザラっとした質感の外箱です。

外箱から内箱をだしたところ。

内箱をパカっと開けば本体が出てきました。
USB-Cケーブルが付属しています。

 開封の儀はここで終了です。付属のUSBケーブルは主に充電用で、その他の用途としてはPCと接続してのデータ転送ができるらしいです。音源は全て外部SDカードに保存しておいたものを挿入して使用しているので今の所は充電のみに使用しています。

 このKANN、特筆すべきはUSB micro-B端子を別途有しており、C端子で充電しながらB端子でデジタル出力することが可能です。この「充電しながらデジタル出力が可能」なところが購入に至った大きな理由でもありました。

 もっと調べれば他にもあるかもしれませんが、ワタクシの予算の中ではベストバイだと思っております。

 音質について軽くインプレもしてみたいと思います。音の傾向としては煌びやかなタイプ、と言っても高音がキツいとかは無く、自然とボリュームをあげたくなるような爽やかな音ですね。高域・中域・低域共にバランスよく出ています。一聴するとドンシャリか?と思えば中域もしっかりと出ていて、聴き疲れしない傾向です。

 イヤホンはだいぶ前に購入してお気に入りのULTIMATE EARS ue900Sです。このイヤホンもどちらかと言えば華やかな音ですね。購入した当時、同価格帯のWestoneのイヤホンと迷ったのですが、Westoneのはふくよかな低域に不自然さを感じたのでue900Sに決めました。

 最近ブログの方向性がブレまくっておりますがwww、これもクルマに関する「あること」の一環(もうバレてるかもしれませんが・・・)と言うことで、それが公開できるようになるまでは今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

nekopunch について

東京在住。クルマとバイクと写真をこよなく愛するIT社畜です。
カテゴリー: オーディオ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください