REAL FORCE for Mac 開封の儀

連日開封の儀ばかりでもうしわけございませんwww

ワタクシのような貧乏人には不釣り合いなキーボードを導入しましたので開封の儀をとり行いました。

TopreのREAL FORCEといえば高級キーボードとして知られて?おりますが。。。実は仕事用でWindows用REAL FORCEを2台持っています。数年前に購入した初代のものです。Mac用も調べたら出ていたので、コレは!と思い先日開封の儀を執り行ったCS-2740とともに注文したのでした。型番などは上の画像を参照ください。

ゲームをやられる方には変荷重タイプは不評な様ですが、自分は主に文書やプログラムを書くのでその点は変荷重の方が都合がよかったのです。

Windows用にはテンキー付きを選んだのですが、よくよく使ってみるとテンキーほとんど使ってない・・・ので、今回はテンキーレスモデルにしました。

これまたWindows用のREAL FORCEは色が黒いヤツにしたのですが、プリントされている文字まで黒いため、ちょっと心許ないブラインドタッチ?の際にチラ見するのに不便でしたので今回は白いヤツに決めました。

それでは開封してまいりましょう、レッツゴー!www

さて、箱を開けると黒い箱がでてまいりました。

黒い箱を開けると、中身が見えます。ビニールに包まれていますね。

お洋服を脱がせましょうね〜デュフフwww

開封が終わりました。フゥ〜。

さてさてこのREAL FORCEですが2代目となりサイズかコンパクトになったりいろいろモデルチェンジされている様です。このMac用に関してはよく分かりませんが、Windows用も変わっているようですね。

今回買ったモデルではUSBケーブルをまとめるベルトが付属していました。先代ではビニールワイヤーだったので大きな進化ですね。

さて肝心のインプレです。いつもの様に軽く行きます。

見た目

白いキーは清潔感があって良い。自分のようなおっさんの指のヨゴレが染み込みそうではありますが・・・www
キーの周りはMacを意識したシルバーですが、これは正直安っぽいですね。まあ見た目なのでどうでもいいのですが。

安定性

これ、すごく大事だと思うのです。このキーボードは結構重量があり、多少ラフな打鍵でもびくともしません。安心感があります。それに伴うキーの打鍵音も心地よい。決して静音仕様ではないのですが、うるさいとは違う心地の良い音です。周りからしたらうるさいのかもしれませんが、少なくとも自分は気になりませんし、周りのことなども気にしませんwww ツルツルした机の上でも底面のラバーが滑りを抑止してくれ、いい感じです。

打鍵感

さて、これ一番大切ですよね。はっきり言いますが最高です。でも人にもよるんでしょうかね?もし購入される予定のある方がこの記事をご覧になった際には、実際に店舗で試打してみることをオススメします。でもMacBookのクソキーボードとは雲泥の差ですよ。つい昨日だか今日だか、新しいMacBook Pro13インチ2020モデルは発表され、そちらにも16インチモデルと同じMagicKeyboardが搭載された様ですが、それは試したことがないので知りません。

値段

え!?キーボードにこの値段?・・・高い!です。でも、それだけの価値を見出したからこそ導入したわけで。

以上、軽くインプレでした。

カテゴリー: Mac, PC | コメントする

カラーマネジメントモニター EIZO CS2740 開封の儀

全国4億9千万人の当ブログのファンのみなさまこんにちは。(嘘ですw)

さて掲題のモニターを購入しましたので開封の儀をとり行いました。

まず、でかい段ボール箱が届きました。

どんどん開封してゆきます。

段ボールを開けると上の発泡スチロールの中にケーブル類が入ってました。

発泡スチロールを外すと袋に包まれている本体が見えます。

中から説明書一式を摘出します。

本体を摘出しました。

お洋服を脱がせましょうね〜デュフフwww

ジャーン。デカい!

とりあえず接続確認。

実際どんな感じなの?

さてテーブルに適当に配置して付属のUSB-CケーブルでMacBook Proに接続してみました。このモニタ、USB-Cケーブルで信号のやりとりと充電までできてしまうスグレモノです。

今までは22インチの液晶モニターの安いヤツ(15,000円くらい?)使って写真選別とかやってたんですが、このモニターはとにかくデカい!解像度も4Kなので文字が小さい!圧迫感パねぇwww

そしてその色味の落ち着きが良い。暗いわけではなく、自然で落ち着いた発色です。キャリブレーションセンサーを同時に注文しているのですがこちらは入荷未定とのことで、まだ調整はしていないのですが、この先楽しみです。

ベゼルには控えめにEIZOの文字があります。この控えめな主張がいいですね!

PCはMacBook Pro 13インチ2018モデルなのですが普通に繋いだだけで4K表示ができました。OSの設定で文字サイズを変更できるのである程度大きくすれば目にも優しいですし小さくすれば作業スペースが広大になるといったワケです。

ただ、PC本体の発熱が気になりました。グラフィックがCPUと同居らしいので常にCPUに負荷がかかっているのかもしれません。ファンが回るほどでは無いですが結構熱いです。

このモニターは在宅勤務でも活躍してくれると助かるのですが、貧弱な業務用PCで写せるのかが課題ですね・・・

そんなワケで、軽くインプレでした。

カテゴリー: Mac, PC | コメントする

トイプードルのニコ

Exigeを売却してしまったココロのスキマを埋めるべく、トイプードルを飼うことにしました。

昨年、那須どうぶつ王国に家族で遊びに行ったんです。そのときそこにいたポメラニアンに子供が心を奪われてしまいました。以来、子供はイヌをみると大はしゃぎです。

そんな子供の影響もあってか、自分も今まで全く興味がなかったイヌを意識する様になってしまったのです。

ある日、いつもの様に衝動的な行動に出ます。ブリーダーさんに連絡を取って、今から子犬に会いに行ってもいいですか?と。

すぐに返事があり、夕方に伺わせていただくことになりました。そのときはポメラニアンと、トイプードルに会わせてもらいました。子供はやはり大はしゃぎで、その時はトイプードルのこの子に決めた!と言っていたのです。

ところがどっこい、今住んでいる住まいは借り物のため、大家さんに飼育の許可を得る必要がありました。その日はその旨をブリーダーさんにお伝えし、一旦家に帰りました。

後日、不動産会社を通して大家さんに確認したところ、敷金1ヶ月分追加で小型犬1頭ならば良いと許可が出ました。

嫁は嫁で、独自にブリーダーを調査して、トイプードルだったらこのブリーダーはどうか?と提案してきました。

3月のある週末、そのブリーダーさんに連絡を取ってトイプードルに会いに行きました。やはり子供は、この子がいい!と言って勝手に決めていたのですがところがどっこい、なんと!アレルギー反応が出てきてしまいました。

その日は一旦家に帰り、後日、小児科を受診してアドバイスを受けました。薬でコントロールできれば、熱意もあるのだし飼ってもいいのでは無いか、とのことでした。

次の週末に薬を飲んだ上でまたブリーダーさんのところに出向いて、アレルギーが出ないか試してみました。先日決めた子は、もう決まってしまったとのことでしたので残念ですがこれも縁なのでしょうがないですね。

また違う子を選んで、家族3人が納得したのでこの子に決めた!と一旦家に戻ったのです。

一晩様子をみて、アレルギーも大丈夫そうだったので、ブリーダーさんに連絡して先日の子に決めたいのですが、というと、まだ売れていないので予約金を入金してもらえれば確保はできるとのことでしたので、早急に振り込みしました。

これで迎え入れる子は決まりました。

ところが、嫁がとんでもないことを言い出します。
予定が空いてないから迎え入れるのは4月中旬で、と。そこで怒り爆発です。お前生き物をなんだと思ってるのか?と。家電じゃねぇんだぞ!

そんなすったもんだがありつつも半ば強引に3月下旬にお迎えに行くことにしました。

嫁のやり方に頭にきていて険悪な感じだったのですが、はしゃぎ回る子犬をみていると正直どうでもよくなってきました。

ブリーダーさんのところに行き、2時間ほどしつけや生活に関する説明を受けてようやく家に迎え入れることができました。

名前がまだ決まっていなかったのですが、色々と候補を各自勝手に上げていました。

自分は「ニコ」。IRON MAIDEN のドラマー「ニコ・マクブレイン」から取りました。

その名前を大人げもなくゴリ押しw

結局名前は「ニコ」に決まりました。
ニコ・マクブレインから取ったというのは内緒ですw

最近はコロナウィルスの影響で在宅勤務になっていますが、ニコがいるだけで家の雰囲気が明るくなります。

初めはおすわりを覚えさせる様にブリーダーさんから言われているのですが、人の顔をみるとはしゃぎ回ってピョンピョン飛び跳ねて興奮しだすので全く言うことを聞いてくれませんw

おもちゃを投げるとくわえて持ってくるのは覚えました。

ケージから出して欲しそうにキュンキュン言うのがかわえぇのぅ〜w

おわり。

カテゴリー: イヌ, トイプードル | コメントする

LEVORGが取材をうけました

さて、全国1億人のこのサイトのファンの方々ならご存知でしょうが、うちのLEVORG、オーディオカーにしてしまいました。

昨年の夏、嫁との壮絶なバトルの末にオーディオカー制作のため、浦安のアークライドというショップに車を預け、約1ヶ月という期間を経て完成しました。

ちなみにアークライドのサイトはコチラです。
https://arkride.blog.fc2.com/

アークライドの店主とは、10年以上も前、147GTAにスピーカーを取り付けてもらった縁でお付き合いさせていただいておりました。

そんなLEVORGですが、ある日アークライドから、取材の話があるのですがいかがですか?とお誘いの連絡がきました。

生憎、提示された日はどうしても外せない予定があったので、他の方でお願いします、と返信しました。

ところがどっこい、アークライドの影の力で取材日程を変えてくれたであーりませんか!

ということで、実名、顔出し、なんでもアリな感じで取材を受けることになりました。

え?なんの取材かって?

それはマイカーライフというWEB媒体のカーオーディオにフォーカスしたカテゴリの特集記事の取材でした。

前編、後編に分けて掲載されましたのでご紹介します。
  前編: https://www.mycar-life.com/article/2020/03/15/21339.html
  後編: https://www.mycar-life.com/article/2020/03/22/21361.html

カスタムオーディオに関しては若いときからかなりの憧れがありましたが、今回は夢の3wayシステムを組むことにしました。

金額面でかなり不利なシステム構成ですが、妥協したら後悔すると思って嫁とのバトルをがんばりました。システム内容は記事に詳しいことが書いてあるので見ていただければと思います。

LEVORGは毎日の通勤に使っているのですが、片道約1時間の通勤タイムがもう幸せいっぱいな時間に激変しましたよ。

浦安のアークライドさん、色々とワガママ聞いてくださって技術面でも信頼できますしオススメですよ〜。ナビやETCの取り付けからフルカスタムオーディオまでソツなくこなす頼れるショップです。

カテゴリー: LEVORG, オーディオ | 5件のコメント

Lotus Exige 売却・・・(涙)

かれこれ1ヶ月以上も前の話になりますが、掲題の通り、Lotus Exigeを手放しました。

理由は、車庫を追い出されることになったからです。かなり好条件で借りていた車庫でしたが、同じ様な条件では不可能でしたので、泣く泣く手放すことになってしまいました。

終わりの日はあっけなくやってきました。

とりあえず車検が近かったので車検を通すためにショップに預けました。
車検を通してもらい、Exigeを引き取りに行った際に事情を説明すると、委託中古車としてショップのサイトに掲載してもらえることになりました。

掲載まで時間があったし、Twitterで売却についてつぶやいてみると思いもよらない反響が。

普段つぶやいても数件しか「いいね」がつかないクソアカなのですが、約800件も「いいね」がついたのでした。スマホの通知音が鳴り止まない体験をしたのは初めてだったので戸惑いました。

そんな折、幸いにも購入希望の方、一度みてみたいとおっしゃる方々から多数コメントいただきまして、ショップに仲介に入ってもらいつつも希望価格で売却が決まりました。

売却当日は、見学希望の方々とショップで待ち合わせし、数名の方が見学に見えました。

買う気満々の方もいらっしゃって、もう早いもの勝ち状態になってしまいましたが大きな混乱もなく、その日の夕方には売買契約がショップと取り交わされて売却が決まったのでした。

後日売却代金を受け取りにショップへ行き、Exigeと最後のお別れをしました。と言っても写真を数枚撮っただけですが・・・

なんだかあっけないですね。

でも、売却先の方は熱意が感じられ、大切に乗ってくれそうだったのでその点はよかったと思います。

今でも、Exige売却は夢だった!と夢に出てきますw
まぁ、自分にとっては過ぎたシロモノでしたね。色々な思い出を作ってくれました。

15年間、ありがとう!

カテゴリー: Exige | コメントする

スバルに修理を断られました\(^o^)/

東京から新潟に向けて旅行に出かけました。朝6時ごろ出発して渋滞にハマりつつも関越道をひた走り、赤城高原SAで休憩をしてクルマに戻ってエンジンをかけようとしたのですがかからない・・・

各種警告灯が点灯して、「販売店へ連絡してください」と車内に音声アナウンスがありました。この時点でもうパニック。

何度か始動を試みるもセルが回らず、諦めてJAFを呼びました。40分ほどで到着してくれてジャンプスタートしたのですが、なぜか電圧が安定せず、エンジン始動後も警告灯は消えませんでした。

JAFの隊員の方も電圧が上がったり下がったりする事象は初めてだとのこと。おそらく充電制御が効いているのではないかと言うことで群馬県内の付近のスバルディーラーに連絡を取ってくれました。その場でメカニックの方とお話をされて、実際にみてみないと判らないという話になったそうで、入庫の予約まで取ってもらいました。JAFの対応は素晴らしかったです。

幸いにもナビは始動しましたので目的地にスバルディーラーを設定して、向かうことにしました。バッテリーを満充電する必要があるので1〜2時間ほど待つことになると言われましたが背に腹はかえられませんので、ディーラーで作業をお願いしました。

ディーラーに到着するとスタッフの方が出てきてくれて、JAF経由で予約した旨を伝えるとすぐに対応してもらえることになりました。

10分ほど待っているとスタッフの方が、ピットまで来てください、と言うので行ってみました。

すると、バッテリーターミナルがノーマルではないので作業は出来ないと言われました。なんでも、何かあったら責任が発生する作業は出来ないらしいのです。

ずっとエンジンをかけっぱなしで、再始動するかも試さず、各種警告灯もそのままで対応できないと言われたので、警告灯だけはなんとかなりませんか?と言ったら渋々対応してもらえることになりました。

警告灯は消しました。代金はいりません。帰ってください。的な対応だったのですが、もう何を言っても無駄だなと思い宿泊予定だった宿を当日キャンセルしてエンジンを止めずに東京までトンボ帰りです。

確かにバッテリーターミナルはオーディオテクニカの物に交換してありますが、特に不正改造ではなく素人でも着脱は可能なものです。それを、責任が云々でさわれないとのことでしたのでプロとしての資質を疑いました。

改めてスバルの対応に不信感を募らせる結果となってしまい残念です。ディーラーじゃないと対応できない整備以外はExigeをいつもお願いしている町工場でもいいんじゃないかと思い始めています。点検パックにも入っていますが解約することも考え始めています。

まさか国産車でこんな目に遭うとは・・・流石ですw

カテゴリー: LEVORG, メンテ・修理, 旅行・ツーリング | 7件のコメント