カラーマネジメントモニター EIZO CS2740 開封の儀

全国4億9千万人の当ブログのファンのみなさまこんにちは。(嘘ですw)

さて掲題のモニターを購入しましたので開封の儀をとり行いました。

まず、でかい段ボール箱が届きました。

どんどん開封してゆきます。

段ボールを開けると上の発泡スチロールの中にケーブル類が入ってました。

発泡スチロールを外すと袋に包まれている本体が見えます。

中から説明書一式を摘出します。

本体を摘出しました。

お洋服を脱がせましょうね〜デュフフwww

ジャーン。デカい!

とりあえず接続確認。

実際どんな感じなの?

さてテーブルに適当に配置して付属のUSB-CケーブルでMacBook Proに接続してみました。このモニタ、USB-Cケーブルで信号のやりとりと充電までできてしまうスグレモノです。

今までは22インチの液晶モニターの安いヤツ(15,000円くらい?)使って写真選別とかやってたんですが、このモニターはとにかくデカい!解像度も4Kなので文字が小さい!圧迫感パねぇwww

そしてその色味の落ち着きが良い。暗いわけではなく、自然で落ち着いた発色です。キャリブレーションセンサーを同時に注文しているのですがこちらは入荷未定とのことで、まだ調整はしていないのですが、この先楽しみです。

ベゼルには控えめにEIZOの文字があります。この控えめな主張がいいですね!

PCはMacBook Pro 13インチ2018モデルなのですが普通に繋いだだけで4K表示ができました。OSの設定で文字サイズを変更できるのである程度大きくすれば目にも優しいですし小さくすれば作業スペースが広大になるといったワケです。

ただ、PC本体の発熱が気になりました。グラフィックがCPUと同居らしいので常にCPUに負荷がかかっているのかもしれません。ファンが回るほどでは無いですが結構熱いです。

このモニターは在宅勤務でも活躍してくれると助かるのですが、貧弱な業務用PCで写せるのかが課題ですね・・・

そんなワケで、軽くインプレでした。

nekopunch について

東京在住。クルマとバイクと写真をこよなく愛するIT社畜です。
カテゴリー: Mac, PC.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください