TZR250(2XT) エンジンオーバーホール(その1)

TZR250(2XT) エンジンオーバーホール(序章)からの続き

★ローター / ピックアップコイル取り外し★

さて、勢いで降ろしてしまったエンジンですが、バラして行きましょう。後のことは考えてはいけません。勢いが大切です。部品が欠品だったら??。。。そのとき考えますw

お約束ですが、このブログを参考に作業された場合において、いかなる場合でも責任は持てませんので、あくまで自己責任で作業を行って下さい。




エンジンを降ろしました。降ろしている最中の写真は取り忘れた。。。
作業的には、それほど難しく有りません。ジャッキがあれば一人で作業可能です。エンジン軽いし。




エンジンが降ろされた車体です。




ローターカバーを取り外します。ここは、外してもオイルは出てきません。




カバーを外すと、ローターが出てきます。
これがクランクシャフトにつながっていて、バイクを動かすのに必要な電気を発電します。




ローターの穴にホルダーの爪をかけて、ナットを外します。ここは結構なトルクで締め付けられています。
本来、この作業はエンジン降ろす前にやるべきです。エンジンが固定されていない状態でローターを外そうとすると、エンジンが動いてしまうため作業性が悪いです。




ナットを外しても、テーパー状のクランクシャフトに固着しているため、ローターはなかなか外れません。ロータープラーを使用してクランクシャフトから引きはがす必要があります。

ロータープラーのアダプタを取り付けます。TZRの場合、ここの取り付けは逆ネジです。




アダプタをスパナで固定してプラー本体をねじ込んでいきます。ローターはテーパー上のクランクシャフト端にガッチリはまってるのでプラーを回すのにかなりの力が必要でした。今回はプラー本体に鉄パイプを差し込んで回しました。




ローターが外れるとジェネレータとピックアップコイルが出てきます。これらは+ビスで止まっているので外します。ピンぼけですが、半月形のウッドラフキーがはまっているので無くさないように注意します。




コイルが外れました。クランクケースの下部にはオイル汚れが溜まっていました。本来ならばここにはオイルが回ることはないので、どうやらクランクシャフトのオイルシールがお亡くなりのようです。



TZR250(2XT) エンジンオーバーホール(その2)に続く

nekopunch について

東京在住。クルマとバイクをこよなく愛するIT社畜です。
カテゴリー: バイク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。