ダイナをおりた日

10年以上は乗るという覚悟を持って購入したダイナですが、ついにおりる日が来ました。

2011年モデルを新車で買って7年、いよいよお別れです。

ことの発端はYAMAHAセロー250が環境対策を施されて復活するというものでした。
カタログ落ちするときは「あぁ、残念だな、名車もついにか」といった感想を持ったもののそれ以上の感情は湧きませんでした。

ところが今回の復活を知ったと同時にセローのことを詳しく調べるようになりました。
そしていつものように物欲が湧き上がり増車するための模索を始めるわけですが、よくよく考えてみるとダイナに最近ほとんど乗ってない。

ここで増車しても、ダイナにはますます乗らなくなることは明白でした。
3年前の九州ツーリングを境に、ダイナ熱は冷めてしまっていたようです。九州ツーリングでおなか一杯になってしまったのかもしれません。

ダイナは車検切れのためディーラーに入庫している状態でした。車検を通すか、売却するか、迷っているとディーラーの店長に告げると「じゃあ車検はとりあえず置いときましょう」とのありがたいお言葉が。

売価が安すぎたら売らずに車検を通そうと思っていました。
しかしやはり、走行距離過多で査定が低いです。やはり車検を通そうか。。。

悶々としていた8月のある日、心の中でなんとなく決意が固まりました。

「乗りかえよう」

すると今まで悶々としていたのがウソのようにスッキリして、バイク一括査定のボタンを押すことができました。

ボタンを押したら直後から電話の嵐です。「一度バイクを見させてくれ」

バイクがディーラーにあることを話し、それでも査定可能であり、一次査定の良い某大手の買い取り業者数社とアポを取り、査定の段取りをしました。
ディーラーにその旨伝えると、全然かまわないというありがたいお返事ももらいました。

2018年8月25日、いよいよ査定の日が来ました。

業者とはディーラーで待ち合わせ、査定を始めました。数時間粘ったモノの、査定額はそれほど高くならずに、結局はこちらが折れる形で売却が決まりました。

決まってからは早く、書類にサインして、ダイナがトラックに積み込まれました。

そしてダイナとお別れの時です。

頭の中にはずっと「ドナドナ」が回っていました。
この曲は確か小学生の時に授業で習ったものだと思うのですが、いまでもはっきりと覚えているものですね。

悲しげな歌ですが、なぜかその時は悲しいとかいう感情はなく、何も感じませんでした。

帰りの車の中でちょうどEaglesのLast Resortが流れていて、この曲に乗って色々なところに行った思い出が頭の中をぐるぐると回りだしました。

ついにダイナとお別れしてしまいましたが、最後はあっけないモノでした。

最終走行距離:59343km

家に帰ってガレージに行くと心の奥にぽっかりと穴が空いた気分になりました。

でも、もう次の相棒は決めてあります。そいつと新しい思い出を色々と作っていきたいと思います。

このブログではダイナのことを色々と書きなぐってきましたが、今度は新しいバイクとの蜜月について綴っていきますので皆さま引き続きごひいきの程よろしくお願いいたします。

カテゴリー: FXDL, バイク | 5件のコメント

【ハーレー】そろそろお別れか?!【ダイナ】

Twitterで騒いでいるので一部の方はご存知と思いますが、現在ダイナからヤマハのセロー250への乗り替えを検討しています。

増車が一番いいのはわかってはいるのですが、増車したところでさらに乗らなくなってしまうことは容易に想像できますし、それならば大事に可愛がってくれる新たなオーナーの元へ旅立たせるのも一つの選択肢かな、と。

でもね。査定額が非常にキビシイ!

分かっていたこととは言え、さすがにあり得ない値段です。Fフォークのチタンコートしてから数回しか乗ってないしw

ここで今までやってきた所業を洗い出してみたいと思います。

エンジン関係

  1. ボアアップ – サンダンスワイセコ1800ccピストンを使用してサンダンスにて組んでもらいました。
  2. ハイカム – アンドリュース 26HG ギアカム。ボアアップと同時に施工。
  3. 強化オイルポンプ – 確かサンダンス?ボアアップと同時施工。
  4. サンダンスツインテックにて燃調セッティング
  5. プラグコード – Screamin Eagle(ブラック)
  6. エアクリーナー – S&S(クローム)

足回り

  1. Fフォーク – スクーデリアオクムラMEチタンコーティング(ダンピングチューニング含む)。
  2. Fフォークスプリング – スクーデリアオクムラオリジナル
  3. Rショック – オーリンズリザーバータンク付き

ブレーキ

  1. ブレンボレーシングキャリパー(チタンピストン)
  2. ブレンボRCSマスターシリンダー
  3. ステンレスメッシュブレーキホース(ブラックカラー)
  4. MISUMIフローティングローター(ダイナ純正ホイール用)

マフラー

  1. ノーマル
  2. 純正北米仕様30mmパンチアウトもあり

その他

  1. ハンドルバー – ドラッグバーに交換。ライザー埋め込みインジケータはメーターコンソールに移設。配線中通し。
  2. グリップヒーター – HD純正
  3. 左右サドルバッグサポート – ワンオフにてデタッチャブル仕様。
  4. K&Hシート – ブルーステッチ&ブルーパイピング(リアレストパッドも張り替え)
  5. ナンバープレートブラケット – クラフトマン30度レイダウンアルミビレット製
  6. クラフトマン サイドスタンドアシスト
  7. クラフトマン ETCホルダーボックス(ヒューズボックスカバーの裏にETC本体を取り付け)
  8. ウィンカー – アルミビレット製クロームレンズ(車検対応)

思い出せるのはこれくらい。ほぼ網羅できているとは思いますが記憶を頼りに書いてますのでモレあるかもしれません。
当然ながらプラグ・オイルなどの消耗品は適時交換。エアクリーナーエレメントも適時清掃を心がけております。

なぜセローなのか?

ずっと前からオフ車へのあこがれがありました。

酷道が結構好きなのでハーレーやExigeで挑んでいますが、未舗装路だとどうしてもオフ車が有利。というかオフ車じゃないと無理。行きたい道も未舗装のためあきらめる事もしばしば。

理想は用途によって複数台所有することですが、TZRですら不動車にしてしまったくらいですから買ってもすぐに乗らなくなってしまうのではないかというのと、嫁の許可が下りないというのがオフ車を増車できない本当の理由だったりします。

先日、昨年絶版となってしまったセロー250が空冷エンジンのまま復活というニュースを見ました。
そこでセローについてちょっと掘り下げてみたところ物欲と同時にキャンプや林道ツーリングに行きたい欲がフツフツとわいてきました。

そこで、セロー増車 ⇒ いやハーレー全然乗ってないやん ⇒ だったら乗り替えか?

てな流れで今に至ります。

また、車検がないのも大きな理由かもしれません。ダイナはエンジンと燃調をいじってしまっているため車検のたびに排ガス検査通るのだろうかとハラハラしていました。今までは大丈夫だったのですが今回はサンダンスに燃調を一旦薄くしてもらって車検を受けないとダメそうです。その辺が手間と思えるようになってしまいました。。。

今のダイナの所感

やはりボアアップによるパワーは凄まじく、ヌケの良いマフラーを装着するとフル加速時にクラッチが滑りますwww
北米仕様パンチアウト程度ならばクラッチも滑らずマッチョに加速します。

ブレーキはブレンボをチョイスしましたが、素晴らしいの一言です。ブレーキの効きはもちろんですが、コントロール性も非常によく、さらにはブレーキリリースのコントロール性までも兼ね備えておりこのおかげでコーナリングの進入がやたらと楽しくなりました。

足回りで特筆すべきはMEチタンコートによるフリクション抑制が体感できることです。段差を越えるときに、大げさに言えば段差を感じません。それほどなめらかの足回りになりました。スクーデリアオクムラではライダーの体重や乗り方に応じてセッティングを出してくれるのですが、今の仕様は体重65kg、峠重視の街乗り(サーキットは走らない)のセッティングにしてもらいました。

また、リアショックはオーリンズですが減衰力が伸び/縮みともに調整可能、プリロードアジャスターも装備されているのでプリロードの調整が楽ですね。当然ですが、定期的にスクーデリアオクムラにてオーバーホールしています。(Fフォークと同時にOHしていますのでまだOH後数回しか乗ってませんwww)
伸び減衰力を弱めると顕著にバンクが軽くなり、また強めると安定性が増すのが容易に体感できます。

あっ、なんだか中古車販売の宣伝文句みたくなってる!

これはヤバいですねwww

気になるヒトはコメント入れてみてくださいw

カテゴリー: FXDL, バイク | コメントする

そんなことより

そんなことより聞いてくれよ >>1 よ
昨日、あそこ行ったんです。例の場所。ここじゃ言えないけどさ。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんか書いてあるんです。 ここには書けないんだけど。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らたかがそんな事で普段来てないココに来てんじゃねーよ、ボケが。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人でこんな所来てんのか。おめでてーな。
もう父親があんな事言っちゃってるし。もう見てらんない。
お前らな、とにかくその席空けろと。
ここはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、 刺すか刺されるか、
そんな雰囲気がいいんじゃねーか。すっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、奴が言ってるんです。
奴ってのが誰で、何て言ったのかは書けないけど。
んで、とにかくそこでまたぶち切れですよ。
あのな、きょうびそんなん流行んねーんだよ。ボケが。
得意げにそんな事言うなよと。
お前は本当にそうしたいのか問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前ちょっと言ってみたかっただけちゃうんかと。
通の俺から言わせてもらえば今、最新流行はやっぱり、 アレだね。
アレが通の頼み方。 アレだよ。
で、さらにアレなんか一緒に頼む。これ最強。 何かは書けないけど。
しかしこれを頼むと次から奴にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人には、何が何だかわからないだろうがな。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Twitterに連携してみるテスト

ツイッター始めてみますたw ←いまさら
@yumepon21

奇特な方はフォローしてみてね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

レンズ来たんだけど(´・ω・`)

HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW やっと来ました。
来ました、が、!

噂と違って像がぼやけてます(´・ω・`)
なんだか前ピンな感じです。何枚撮っても変わらず・・・

ピント微調整で追い込んでみましたが、気持ち悪いのでリコーイメージングスクエア新宿に持ち込みました。

持ち込んだ時間が遅かったので点検だけでも預かりになってしまい、結果はまだ連絡ないのですが果たしてカリカリのキレキレなレンズとなって帰ってくるのか??

作例はないですが、K-1に装着した感じはズシリと重いがバランスが良い感じです。
なんというか、カタマリ感がハンパないですねー。

しばらくお預け食らったNekopunchなのでした・・・

カテゴリー: カメラ・写真 | コメントする

レンズ来ないんだけど(´・ω・`)

昨日発売された HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW

19日の夕方、キタムラから発送連絡がありました。

ということで、20日は一日中ソワソワして仕事にならず、仕事をサボってネットサーフィン三昧でしたよw

少し早めに帰ろうかとも思っていたのですがまじめに定時までサボり、急いで帰宅!

家でワクテカしながら到着を待つのでありました。

「ピンポーン!」

(゚∀゚)キタコレ!!

ヤマト運輸の荷物が届きました。箱の大きさから行って間違いない!
でもなぜか箱にはAmazonの文字が・・・

開けてびっくり玉手箱!なんと中身は嫁が頼んでいたソルティライチじゃああーりませんか!

うーん、ヤマトさん、1回では運んでくれなかったようです。
気を取り直して夕食を食いつつ待ちます・・・

が!21時を回っても来ない。来なーい!

一日中ワクテカして仕事をサボったのは何だったのかorz

で、結局レンズは届きませんでした。

発売日に入手するというのは初めてのことだったのでかなり楽しみにしていたのですが残念です。

でも届かなかったモノは仕方がない。
今日一日、気長に待つとしましょう!

カテゴリー: カメラ・写真 | コメントする