ブレンボレーシングキャリパーの清掃

先日、ブレンボレーシングキャリパーをダイナに装着しました。
チタンピストンの高いほうのヤツです。
ブレンボレーシングキャリパー

2,000kmほど走行したのでキャリパーを外してピストン廻りを清掃してみることにしました。

ピストンの汚れは思ったほどではありませんでした。

パッドピンは結構汚れていて、すでに段付き摩耗が始まっていました。確かパッドピンもチタンだったと思ったんですが、削れるんですね。
パッドピン

金色に輝いているのがチタンピストンです。歯ブラシやウエスで綺麗に清掃します。
チタンピストン

次にこのピストンツールを使ってピストンを内側から掴み、グルグル回したりして馴染ませます。
ピストンツール

ピストンひとつずつメタルラバーを吹いて引っ込めたり出したりします。始めは片側のピストンだけ出づらかったです。
メタルラバー

清掃が終わったらキャリパーを車体に装着してパッドピンにワイヤリングを施します。これでパッドピンもクリップも外れません。
ワイヤリング

ブレンボレーシングキャリパーはパッドピンがクリップ一つだけで固定されているので、まれにクリップが外れてパッドが脱落する事故があるとか。
万が一の可能性も排除しておきたいのでワイヤリングは必須です。

今回は約2,000kmで清掃しましたが、パッドピンを頻繁に清掃すればピストンはまだまだ大丈夫そうに感じました。
ノーマルキャリパーに比べると格段に手がかかるようになりましたが、メンテできる機会が増えるのは楽しいです。

nekopunch について

東京在住。クルマとバイクをこよなく愛するIT社畜です。
カテゴリー: FXDL, カスタム, メンテ・修理.

ブレンボレーシングキャリパーの清掃 への2件のフィードバック

  1. カット のコメント:

    初めまして!ブログ参考にさせてもらってダイナにレーシングブレンボ付けました!(安い方)参考までにお聞きしたいのですが、キャリパーの取り付けトルクを教えてもらえないでしょうか?キャリパーをサポートに取り付ける時のトルクです。

  2. nekopunch のコメント:

    カットさん はじめまして。コメントありがとうございます。
    こんな最果てのブログを参考にしていただいてうれしい限りです!

    キャリパーの締め付けトルクですが、サービスマニュアルによりますと、
    38.0 ~ 51.5 Nm
    とあります。

    自分の場合、チタンボルトにしてしまったのですが、ボルト側の指定が40Nmでしたので、
    ちょっと緩いかなとも思いましたがワイヤリングで対応しています。

    ステンレスのボルトであれば45Nmくらいでしょうかね。

    キャリパーサポート側も同じトルクで大丈夫だと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。