TZR250(2XT) エンジンオーバーホール(その4)

TZR250(2XT) エンジンオーバーホール(その3)からの続き

★クランクケース分割★

お約束ですが、このブログを参考に作業された場合において、いかなる場合でも責任は持てませんので、あくまで自己責任で作業を行って下さい。




クランクケースのボルトを、マニュアルの順番に従って緩めて外します。一度に全て緩めるのではなく、3回位に分けて緩めます。

全てのボルトを外したら、ケースを軽くプラハンでたたきながら分割します。

画像は、アッパーケースを取り除いた所です。




アッパーケースの裏側です。




片側のミッションを外します。上に抜けばすぐに外れます。




もう片方のミッションも外します。奥にはシフトドラム、手前にはシフトフォークが見えます。

シフトフォークには爪があり、それがシフトドラムの溝にはまっていて、シフトドラムが回転すると溝にあわせて3つのフォークが左右に動いてギヤを変えます。

底にはスラッジが溜まってます。




シフトドラムを抜いたところです。




シフトフォークを横から見たところです。左から1,2,3と番号がついています。




シフトフォークとクランクを取り外しました。キレイに洗浄して、ガスケットのカスなども取り除いておきます。




ミッションをオーバーホールします。

って言っても、バラバラにして清掃、ベアリング・オイルシール交換、組み立てだけです。




ギヤの向きとか順番とか、ワケわからなくなりそうでヒヤヒヤしましたが、何とかうまく組み立てることが出来ました。

ミッションは、シャフトがもう1本あるので同じようにバラしてOHしました。



TZR250(2XT) エンジンオーバーホール(その5)に続く

nekopunch について

東京在住。クルマとバイクをこよなく愛するIT社畜です。
カテゴリー: バイク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。